2020年12月2日水曜日

11/10(火) パソドブレ/ヴェニーズワルツ





 こんにちは😃

初級役員ほりしょーです!


だいぶ寒くなってきた11/10(火)のレッスン!寒さに負けず張り切っていきましょう(°▽°)


今日の1種目目はパソドブレ!


あまり最近踊れていなかったので今日は足形のおさらいがメインとなりました!


足型はパソドブレ①

https://youtu.be/-H_FY0ny_xo


まずセパレーション!この足型はリーダーとパートナーが離れて徐々に近づいてくる足型です🙆‍♂️

パートナーは最初の234で後退し足を揃え、次の1234でその後退した分前進してリーダーとの距離を詰めていきます!ただし、男性から離れているのは実質1歩分なのでその1歩分を4カウントで少しづつ埋めていきます👌




続いてオープンテレマーク!なんとなく足型は踏めるのですがうまくいかないことが多い足型な気がします!

大切なのはポジション!

アペルの1から回転を始め.3から4にかけてポジションがプロムナードポジションになります⚠️このポジションがふわっとしてるとなんだか変な感じになってしまいますよ〜




後半はヴェニーズワルツ!足型は少なくてシンプルなのに中級者でも苦手な人の多い種目ですね😱


今日の確認事項は外回りと内回りです!


今回はナチュラルターンを例にお話をしていきます。リーダー右足前進(lod)に1歩目をとるとき、この回転ではリーダーが外回りとなります。したがってイメージとしてはパートナーを軸にリーダーがパートナーの周りを回るような感じになります!この時軸であるパートナーが大きく動こうとするとリーダーはそれよりさらに大きく回らなくてはいけなくなりズレが生まれてしまいます😱


なので自分が内回りなのか外回りなのかしっかりと意識しながら回転するよう心がけましょう👌




今回はこのアドバイスの後ひたすら踊り込み🔥

連続で踊ると目が回る💫


相変わらず密とは程遠い火曜初級!

皆さんのお越しをお待ちしております😉



それではまた🤟


11/3(火) 熱田初級ワルツ/タンゴ/チャチャチャ



こんにちは〜

役員のほりしょーです(°▽°)


11/3(火)のレッスンはワルツ&タンゴ&チャチャ!!


少数精鋭でしっかり見てもらえるでお馴染みの火曜初級、本日も3名でのレッスンでした〜


まずはワルツ💃

ナチュラルスピンターンのパートナーの位置についての確認です!

リーダーの回転に対してパートナーが同じように回ってしまうとリーダーとパートナーの位置関係がおかしくなってしまいます😱なので、リーダーの回転に対してそれに合わせて男性の向こう側にしっかりと回り込むことが大切になります🙆‍♂️こうすることで位置関係を崩さずにスピンターンを踊れますね!



またこの関係を崩さないように意識することとして、常に自分の右サイドが前にあるようにするというのがあります。回転方向につられると右サイドが体の軸に対して後ろに引かれてしまうことが多いのですが、そうすると2人の位置関係がずれていってしまいます。なので右を前にする意識は常に持って回っていきましょう🔄


続いてホイスクの際のポジションについてです🙆‍♂️スタンダード種目のポジションはプロムナードポジションとベーシックポジションです!   



プロムナードポジションはリーダーとパートナーが同じ方向を向く位置関係になります。この時パートナーのボディの左サイドとリーダーのボディの右サイドがくっつき、両者の反対側が離れるようにします!


 


今回の足型だとホイスクの部分でプロムナードポジション、その後のシャッセでベーシックポジションに戻るといった感じです!


続いてタンゴ!


今回はワルツに続き、Jカップベーシック戦の足型です🙆‍♂️


今回の注目足形はオープンリバースターン!

オープンリバースターンはカウントは複雑ではありませんがインサイドアウトサイドの位置関係が慣れるまで難しいですね!


今回の男女の位置関係は外と中、インサイドかアウトサイドかの関係になります!名前からして足の位置が大切そうですが、実は大切なのは体の向き!正しい体の向きを取れれば足は正しい位置関係になります🙆‍♂️


この写真がアウトサイドの時の女性の体の向き



この写真がインサイドの時の女性の体の向きとなります!



そしてラストはチャチャチャ!


こちらもjカップベーシック用の足型でした!


今日はコネクションについてのアドバイスです!


コネクションはリーダーとパートナーが手を繋いでいる部分のことで、上級者になるとこの部分を通してお互いがどちらに行きたいのかなどを知ることができます!

今日はその基礎となる力のバランスなかなか文章にするのが難しい話なので是非練習に来て直接教わって欲しいところ🥺


コネクションは押す方向と引く方向に力を加える2つがあります。この2つが2人の間でずれないように力をかけ合うことで相手の動きを感じ取りやすくなります。イメージとしては常に手の位置を変えないように力を拮抗させる感じです🔥




そんな感じで3日のレッスンは終了!足型を比較的みんな覚えていたので、1時間ちょっととは思えないほど濃厚なレッスンでした(^_^)


それではまた(゚∀゚)

2020年12月1日火曜日

11/21(土) 第4回サークルJカップin名古屋

(Now on air)

どーも!サークルJ熱田中級教室のブログdeラジオ「Dancing11(ダンシングイレブン)」、パーソナリティは役員DJのゾノがお務めさせていただきます(^-^)。そして、予告していたように本日は「第4回サークルJカップin名古屋」の特番でお届けいたします!(拍手)

コロナ禍により、開催決定のアナウンスから約1カ月とちょっとというかなりタイトなスケジュールの中、皆さんのご協力もあって、どうにかこうにか開催まで辿り着きました。先に結論を申し上げておくととても楽しかったですヽ(^o^)丿。やはりみんなと同じフロアで踊り競うというのは、公式の競技会とは違った特別な感じがしますね。

さて今大会ですが、大きく分けて3つの競技カテゴリーで構成されています。

①ベーシック戦… 新人戦の代わりとして初導入。規定フィガーあり。

②オープン戦… フィガー自由のガチンコ勝負。

③シャドー戦… 男女ともソロダンス。昨年好評につき今年も開催。

競技種目は十分な練習時間が確保できない、人数が比較的少ないということでWTRCの4種目です。そして、ベーシックのカップルの組み合わせはなんと当日のくじ引き。誰と踊るのか当日にならないと分からない。。ゲーム性があっていいということで導入しました(^-^)。オープン戦のカップルは事前に組み合わせが発表されていたので、それぞれ練習してきたことでしょう!。ではでは、当日の様子を写真とともに振り返りましょう(・ω・)ノ

はじまりま~す(^^)/

当日の集合は11時でしたが、会場設営にご協力いただける方は10時とお願いしておりました。すると男性陣中心に多くの方が早々と会場入りしてくださり、準備はかなりスムーズにできました!ありがとうございました~(…忘れ物して遅刻した役員?し、知らないっすよそんな奴…(;・∀・))



感染対策は徹底的に。観戦用にフェイスシールドも配布しました

ベーシック戦組み合わせ発表。ドキドキです

会場の設営が終わり、時刻は11:30。まずは主催の松岡一昭先生から開催のご挨拶。そして今大会唯一の審査員は松岡憲昭先生、司会進行は柴田綾子先生、音響その他は柴田真希先生です。どうぞよろしくお願いします(`・ω・´)ゞ



そして選手宣誓へ。今大会の代表は、料理系役員でおなじみのあっきーさんです!(拍手)マイクが入っていないプチハプニングでしたが、よく通る良い声でした笑

マイクスタンド:柴田真希先生

さぁこれで準備は整いました。熱い熱いダンスの祭典、いざ競技開始です( `ー´)ノ!(写真乱立なのでご自由にスクロールしてくださいね笑)

BGMには【sumika】の『Lovers』をどうぞ☆

https://youtu.be/FFITBgsyVr4 


~ ベーシック戦ワルツ ~



~ オープン戦ワルツ ~



~ ベーシック戦タンゴ ~



~ オープン戦タンゴ ~




前半戦終了~。

表彰式では感染防止のため肘タッチで笑


それから攣らないように一旦軽くストレッチをしてと…


では、後半戦ラテンのスタートです!(・ω・)ノ


~ ベーシック戦ルンバ ~



               何かが落ちている…

~ オープン戦ルンバ ~



~ ベーシック戦チャチャチャ ~




~ オープン戦チャチャチャ ~



~ シャドー戦(タンゴ&ルンバ)~





ラストは競技会出場者によるエキシビジョン!来年はもっと増えるといいな~

~ エキシビジョン ~

ワルツ

タンゴ

チャチャチャ

スローフォックストロット

クイックステップ①

クイックステップ②

パソドブレ

最後は柴田真希&綾子先生のタンゴで締めくくりました☆


みんなでパシャリ!


スクロールお疲れ様です笑

(いい写真が多すぎて選ぶのにかなり時間がかかってしまいました(*_*;。カメラマンの方々ありがとう)


気づけば開会式から閉会式まであっという間でした。進行は特に問題もなく、かなりスムーズに進められたと思います。皆さんのご協力に感謝ですね。またコロナ禍で判断が難しい中、開催に踏み切ってくれた諸先生方には重ねて感謝申し上げます。

さて、今大会いかがでしたでしょうか?人数の関係で出ずっぱりな方も多く見られたので、相当踊りこんだ感がありましたね(;^ω^)。最後、審査員の松岡憲昭先生から「モダンはスッキリした印象を、ラテンは身体の隅々まで使った動きをした人を評価しました」と講評いただきました。今回結果を出せた方、おめでとうございます!惜しくも結果を出せなかった方、つぎ頑張りましょう!

総じて楽しかったのですが、個人的なわがままを言うと、やっぱり声出したかったですね。今回は感染防止として声援はなしで拍手のみでした。仕方のないと言い聞かせながらもかなり我慢してました笑。いつか思いっきり声援を送れる日が来ることを願っています。


それでは皆さん本当にお疲れ様でした!また頑張りましょう(^-^)

ちなみに次回の「第5回サークルJカップin名古屋」は、2021年5月5日の予定です。


~ おまけ ~



カメラ目線’s


それでは11期熱田中級不定期パーソナリティ、役員DJのゾノがお送りしました(^_^)

See you next time